小平市ってどんな街?

 大正末期、小平に学園都市構想が持ち上がり、昭和のはじめに現在の津田塾大学、一橋大学小平キャンパスが移転してきました。その後も、白梅学園短期大学、武蔵野美術大学、嘉悦女子短期大学、文化女子大学(現:文化学園大学)と大学の進出が相次ぎ、現在では1万人を超える学生が学ぶ一大学園都市となっています。

■ 小平市の公共機関

小平区役所 小平市小川町2-1333
小平警察署 小平市小川町二丁目1264-1
小平消防署 小平市仲町21
小平駐屯地 小平市喜平町二丁目3-1
関東管区警察学校 小平市喜平町二丁目5-1
国土交通大学校 小平市喜平町二丁目2-1

■ 小平市の主な文化施設

小平中央公園 小平市津田町一丁目1-1
小平神明宮 小平市小川町一丁目2573
小川寺 小平市小川町一丁目733
小平市平櫛田中彫刻美術館 小平市学園西町一丁目7-5
東京都薬用植物園 小平市中島町21-1
GAS MUSEUM がす資料館 小平市大沼町四丁目31-25

小平市の交通網

 市境付近には西武鉄道拝島線の萩山駅(東村山市)・東大和市駅(東大和市)・玉川上水駅(立川市)、多摩湖線の八坂駅(東村山市)、国分寺線恋ヶ窪駅(国分寺市)があり、市内への交通手段となっています。

■ 小平市の交通機関

沿線名 駅名
西武新宿線 花小金井駅
小平駅
西武多摩湖線 一橋学園駅
青梅街道駅
西武国分寺線 鷹の台駅
小川駅
JR 武蔵野線 新小平駅

小平市の医療機関

 

■ 救急指定病院

一橋病院 小平市学園西町一丁目2-25
公立昭和病院 小平市花小金井八丁目1-1
多摩済生病院 小平市美園町三丁目11-1

小平市の教育機関

 小平市と市内の6つの大学は、情報を交換しながら、共催のイベントや公開講座などを通して、地域に密着した交流を進めています。6つの大学は各々が個性豊かな存在で各分野で多くの卒業生が活躍しています。

■ 幼稚園

小平学園幼稚園 洗心幼稚園 小平あおば幼稚園 なおび幼稚園
丸山幼稚園 小平神明幼稚園 小平花小金井幼稚園 小平なみき幼稚園
小平若竹幼稚園 小平姫百合幼稚園 りんどう幼稚園 弥生台幼稚園
小平みどり幼稚園 白梅幼稚園 たかのだい幼稚園

■ 小学校

市立小平第一小学校 市立小平第二小学校 市立小平第三小学校 市立小平第四小学校
市立小平第五小学校 市立小平第六小学校 市立小平第七小学校 市立小平第八小学校
市立小平第九小学校 市立小平第十小学校 市立小平第十一小学校 市立小平第十二小学校
市立小平第十三小学校 市立小平第十四小学校 市立小平第十五小学校 市立花小金井小学校
市立学園東小学校 市立上宿小学校 市立鈴木小学校 サレジオ小学校
東京創価小学校

■ 中学校

市立小平第一中学校 市立小平第二中学校 市立小平第三中学校 市立小平第四中学校
市立小平第五中学校 市立小平第六中学校 市立花小金井南中学校 市立上水中学校
白梅学園清修中学校 サレジオ中学校 創価中学校

■ 高校

都立小平高等学校 都立小平西高等学校 都立小平南高等学校 錦城高等学校
創価高等学校 白梅学園高等学校

■ 大学

一橋大学 小平国際キャンパス 嘉悦大学 津田塾大学 白梅学園大学・白梅学園短期大学
武蔵野美術大学 文化学園大学 小平国際学生会館

小平市の家事サービス(家事代行・家政婦)の利用状況

 小平市は戦後、都心部のベッドタウンとして、またブリヂストンや日立製作所などの工場の進出もあって、人口が急激に増加し、1962年(昭和37年)に市制を施行した。1973年(昭和48年)には、武蔵野線(JR)が開通し、都市化がより一層進展してきました。都心部のベッドタウンとしての人気はいまなお顕在で、家事サービスの利用も徐々に増えてきている傾向にあります。

「家事サービス(家事代行・家政婦)」の利用実績がある小平市のエリアやマンション(例)

■ エリア

花小金井南町 学園東町 上水本町 学園西町
花小金井 美園町 小川東町 鈴木町

■ マンション

シティハウス小金井公園 エクセレントシティ一橋学園駅前
サンクレイドル武蔵野鷹の台 グローベルザ・一橋学園レジデンス
ザ・パークハウス花小金井フロント シティテラス小金井公園
カサーレ小平 ベルジェンド小平小川ステーションスクウェア
ベルジュール一橋学園Ⅱ ザ・パークハウス花小金井ガーデン I街区
ルフォン小平美園町ザ・レジデンス ルフォンソレイユ小平小川町