富士見市ってどんな街?

 いわゆる「昭和の大合併」で、鶴瀬村を中心に発足した「鶴瀬行政支会合併促進研究会(通称:鶴瀬ブロック)」のうち鶴瀬、南畑、水谷の3か村の合併により富士見村が誕生。そのまま町制、市制が施行されました。また「平成の大合併」では昭和の時とほぼ同じ範囲での協議が進められ、上福岡市、入間郡大井町(以上、現・ふじみ野市)及び入間郡三芳町との合併が協議されたものの、合併反対が賛成を上回ったため、合併協議は中止になってしまったのです。  1993年(平成5年)に、東武東上線ふじみ野駅が「鶴瀬駅」と「上福岡駅」間に開業し開発が進み、隣接する旧入間郡大井町苗間地区には、国内初のアウトレットモールが開業。その周辺地域ではタワーマンションなどの建設が行なわれ開発も進んでいきました。また、旧入間郡大井町亀久保地区には大井サティ(現イオン大井店)が出来その周辺の開発も進んでいきます。富士見市内にある3つの駅「みずほ台駅」「鶴瀬駅」「ふじみ野駅」の中で1日の乗降客数は、2000年(平成12年)から「ふじみ野駅」が最多となっています。  2008年(平成20年)6月に、これまでの地下鉄有楽町線に加え、地下鉄副都心線と東武東上線の相互乗り入れが実現。さらに、2013年(平成25年)3月、東京メトロ副都心線経由する格好で東武東上線と東急東横線、横浜高速みなとみらい線との相互直通運転を開始。これにより、池袋まで30分、渋谷まで45分、横浜まで70分、元町・中華街までは80分と、交通の利便性、都心や横浜方面へのアクセスがより一層向上しました。そしていま富士見市最大の話題は、東武東上線エリア最大級のショッピングセンター「ららぽーと富士見」。好感度セレクトショップ、カジュアルまで充実したファッション、スポーツ・アウトドア、シネマコンプレックス、バーベキュー場やフットサルコートなど約290店舗が大集合して、一見の価値ありです。

■ 富士見市の公共機関

富士見市役所 富士見市大字鶴馬1800-1

■ 富士見市の主な文化施設

富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ 富士見市大字鶴馬1800-1
富士見市営運動公園 富士見市南畑新田1267-1
富士見市立資料館 富士見市大字水子2003-1
水子貝塚公園 富士見市大字水子2003-1
山崎公園 富士見市大字水子184
難波田城公園 富士見市大字下南畑568-1

富士見市の交通網

 

■ 富士見市の交通機関

沿線名 駅名 乗降人員(2018年度集計)
東武鉄道東上本線 みずほ台駅
鶴瀬駅
ふじみ野駅

富士見市の医療機関

 

■ 救急指定病院

みずほ台病院 富士見市西みずほ台二丁目9-5
イムス富士見総合病院 富士見市鶴馬1967-1
さくら記念病院 富士見市水谷東一丁目28-1
三浦病院 富士見市下南畑3166

富士見市の教育機関

 

■ 幼稚園

富士見みずほ幼稚園 ほんごう幼稚園 谷津幼稚園 みずたに幼稚園
富士見台幼稚園 すわ幼稚園

■ 小学校

富士見市立鶴瀬小学校 富士見市立水谷小学校 富士見市立つるせ台小学校 富士見市立関沢小学校
富士見市立勝瀬小学校 富士見市立水谷東小学校 富士見市立諏訪小学校 富士見市立みずほ台小学校
富士見市立針ケ谷小学校 富士見市立ふじみ野小学校 富士見市立つるせ台小学校

■ 中学校

富士見市立本郷中学校 富士見市立富士見台中学校 富士見市立東中学校 富士見市立西中学校
富士見市立勝瀬中学校

■ 高校

埼玉県立富士見高等学校

富士見市の家事サービス(家事代行・家政婦)の利用状況

 都心部のベッドタウン化が進むにつれ、家事サービスの需要も徐々に右肩あがりになってきています。今後に期待できるエリアでしょう。

「家事サービス(家事代行・家政婦)」の利用実績がある武蔵野市のエリアやマンション(例)

■ エリア

鶴馬 関沢 水子 鶴瀬西

■ マンション

アンビシャスみずほ台 オルシア鶴瀬
オルシア鶴瀬 ユードリーム鶴瀬ステーションワンズ
ランドシティみずほ台クレア レクセルマンション鶴瀬第2