港南区ってどんな街?

 港南区は、1969年(昭和44年)に横浜市南区から一部分割によって港南区が誕生しました。当時の人口は約9万6000人ほどだったそうです。高度経済成長期に、横浜市営地下鉄1号線(現:ブルーライン)の開通、港南台駅の開設などで、野庭団地、港南台団地などといった巨大団地が形成され宅地開発・市街化が進み、その後も大規模な開発が行なわれ人口が爆発的に増加し、現在、人口約22万人の住宅都市となりました。そして2019年(平成31年)に、区制50周年を迎えました。

■ 港南区の公共機関

港南区役所 横浜市港南区港南四丁目2-10
港南警察署 横浜市港南区港南中央通11-1
港南消防署 横浜市港南区港南四丁目2-10(港南区総合庁舎内2階)

■ 港南区の主な文化施設

ひまわりの郷 横浜市港南区上大岡西一丁目6-1
みなみん 横浜市港南区港南中央通10-1
港南スポーツセンター 横浜市港南区日野一丁目2-30
かながわ平和祈念館 横浜市港南区大久保1丁目8番10号

港南区の交通網

 港南区の鉄道交通網は、京浜急行線、JR根岸線、市営地下鉄の3本の鉄道が通り、通勤・通学の利便性は高いといえます。なかでも京浜急行本線が通る上大岡駅、港南台駅前地区は商業施設が集中したエリアとなっています。とくに上大岡駅周辺地区は、横浜市における主要な生活拠点です。1981年(昭和56年)に発表された「よこはま21世紀プラン」において副都心に指定された上大岡は、駅ビルを皮切りに、camio、miokaなどの再開発が進み、市街地再開発事業が進行中です。

■ 港南区の交通機関

沿線名 駅名
京急本線 上大岡駅
JR根岸線 港南台駅
横浜市営地下鉄ブルーライン 下永谷駅
上永谷駅
港南中央駅
上大岡駅

港南区の医療機関

 

■ 救急指定病院

済生会横浜市南部病院 横浜市港南区港南台三丁目2-10
秋山脳神経外科病院 横浜市港南区港南中央通1-1

港南区の教育機関

 

■ 幼稚園

安部幼稚園 あゆみ幼稚園 美し野幼稚園 大谷幼稚園
春日野幼稚園 金井幼稚園 かもめ幼稚園 港南台幼稚園
宝島幼稚園 東樹院幼稚園 永野幼稚園 野庭幼稚園
森が丘幼稚園

■ 小学校

横浜市立永谷小学校 横浜市立永野小学校 横浜市立下永谷小学校 横浜市立下野庭小学校
横浜市立丸山台小学校 横浜市立吉原小学校 横浜市立芹が谷小学校 横浜市立芹が谷南小学校
横浜市立港南台第一小学校 横浜市立港南台第二小学校 横浜市立港南台第三小学校 横浜市立桜岡小学校
横浜市立小坪小学校 横浜市立上大岡小学校 横浜市立相武山小学校 横浜市立南台小学校
横浜市立日下小学校 横浜市立日限山小学校 横浜市立日野小学校 横浜市立日野南小学校
横浜市立野庭すずかげ小学校

■ 中学校

横浜市立丸山台中学校 横浜市立芹が谷中学校 横浜市立港南台第一中学校 横浜市立港南中学校
横浜市立笹下中学校 横浜市立上永谷中学校 横浜市立東永谷中学校 横浜市立日限山中学校
横浜市立南高等学校付属中学校 横浜市立日野南中学校 横浜市立野庭中学校

■ 高校

神奈川県立永谷高等学校 神奈川県立横浜南陵高等学校 神奈川県立横浜明朋高等学校 横浜市立南高等学校

■ 大学

横浜女子短期大学

港南区の家事サービス(家事代行・家政婦)の利用状況

 2018年、神奈川県・横浜市港南区で販売された新築マンションは669戸だったそうです。横浜港南区役所は、地震の揺れを軽減する免震構造を採用し、機械設備を上層階に設置し、大地震や風水害が起きた場合も迅速に対応できる新庁舎を建設していました。2017年3月21日に新庁舎に完全移転が終了し、すべての業務を新庁舎で開始。多くの来庁者が訪れる戸籍課や保険年金課を2階に設置し、エスカレーターでアクセスしやすい設計となっています。土曜開庁時は、対象業務をすべて2階で手続き出来るようになりました。そういった住民主体の対応も人気の一つかもしれません。家事サービスの利用も活況です。

「家事サービス(家事代行・家政婦)」の利用実績がある港南区のエリアやマンション(例)

■ エリア

最戸 港南中央通 上大岡西 日野南
笹下 上大岡東 大久保 日野中央

■ マンション

プライムパークス上大岡ザ・レジデンス ベルジェンド横濱上大岡ミッドマークス
ブランズシティ横濱上大岡 アドグランデ横浜港南台
プライム港南台