LOBBY 高級/富裕層向け家事代行・家政婦
サービスならLOBBY(ロビー)

家事代行に関する豆知識

家事代行・家政婦サービスと介護サービスの違いって何?

 家事代行や家政婦と介護サービスは、利用者の家事サポートや身の周りの世話をするという業務内容から同じような仕事に見えて、実は大きな違いがあります。それぞれの業務とその違いについて説明していきましょう。

目次

家事代行・家政婦サービスについて

介護サービスについて

家事代行・家政婦サービスと介護サービスの主な違い

最後に

【家事代行・家政婦サービスについて】

 

                      家事代行・家政婦サービスと介護サービスの違いって何?

 

 家事代行・家政婦サービスは、最近テレビ番組などで取り上げられている効果もあり、利用する方も増えていてご存知の方が多いと思います。サービス内容は主に掃除や洗濯、料理といった「家事全般」が対象で、家事経験は必要なものの特別な資格は必要ありません。一部、危険を伴う作業(重量物の移動・運搬、高所での作業、特殊な薬品・洗剤の使用)や専門的な作業(身体介護、車の運転・洗車、エアコンの分解洗浄)などがサービス対象外となっている会社もあります。

【介護サービスについて】

 

                      家事代行・家政婦サービスと介護サービスの違いって何?

 

 介護サービスは、社会保険制度の一種で65歳以上の介護保険被保険者が受けられるサービスです(※「特定疾病」の場合は、4064歳の方も対象)。区市町村に申請して、「要介護者(15)」、「要支援者(12)」の認定を受けると、「要介護者」は介護サービス(介護給付)、「要支援者」は介護予防サービス(介護予防給付)が利用できます。原則89割が介護保険で、自己負担の割合は12割です。尚、要介護認定を受けた人が受けられる介護サービスは以下の3つに大きく分けられます。また、介護サービスは有資格者が行います。

・ 「在宅サービス」:在宅生活の被介護者に対してホームヘルパーが訪問をして行うサービス。

・ 「施設サービス」:介護老人福祉施設や介護老人保健施設で行われるサービス。

・ 「地域密着型サービス」:高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けられるように支援するサービス。

【家事代行・家政婦サービスと介護サービスの主な違い】

 

                      家事代行・家政婦サービスと介護サービスの違いって何?

 

 では、家事代行・家政婦サービスと介護サービスの主な違いについて考えていきましょう。上述した介護サービスの内、「在宅サービス」(訪問介護)を例にして見ていきます。訪問介護のサービス内容は、「身体介護」及び「生活援助」です。「身体介護」は、食事や入浴、排泄などの利用者の体に直接触れる介助サービス。「生活援助」は、掃除、洗濯、料理などの日常生活の援助を行います。家事代行や家政婦ではそもそも「身体介護」自体を行うことはないですが、「生活援助」は行います。ここまで聞くと、介護サービスの方が「身体介護」も「生活援助」も両方サービスを受けられるからその方が良いな。と考えがちですよね。但し、介護サービスの冒頭で触れたように、介護サービスは、介護保険の下で運用されるサービスなので、サービスは一定の制約や決まりごとがあるのです。では、それは何か、「生活援助で利用できない内容」があります。以下を参照して下さい。

・ 要介護者本人の援助ではなく、家族のために行う行為や家族が行うことが適当と判断される行為

・ ホームヘルパーが行わなくても日常生活に支障がない行為

・ 日常的に行われる家事の範囲を超える行為

 具体例としては次に挙げるものがあります。「要介護者本人以外の洗濯や調理、買い物、布団干しや要介護者が利用しない居室などの掃除」、「正月や節句などの特別な手間のかかる調理」、「ペットの世話」、「大掃除、窓ガラス磨き、床のワックスがけ」、「草むしりや花木の水やり」などです。いずれも家事代行家政婦サービスでは対応している業務ですね。介護サービスに関しては、繰り返しになりますが、介護保険の下で運用されるサービスなので家事全般であれば気軽に頼むことができる家事代行家政婦サービスと比べるとその内容に制限があることが分かります。また、介護サービスはいずれのサービスも介護資格を持った者が携わります。特別な資格を必要としない家事代行・家政婦サービスとは大きな違いになりますね。

【最後に】

 

                      家事代行・家政婦サービスと介護サービスの違いって何?

 

 余談になりますが、現行の介護保険制度においては、単に介護を要する高齢者の身の回りの世話をするだけでなく、自分でできることは手助けせず、自立できるように支援することを理念としています。今後やってくる超高齢化社会に伴い、介護サービスも人ごとではなく自分のこととして考えなければならない問題になる可能性があります。これを機に介護サービスに関しても理解をしておくと良いかも知れません。