家事代行サービスとは

こっそり教えて! 家事代行のメリット・デメリット

 

 

家事代行サービスのメリットとデメリットを徹底比較

 

 家事代行サービスの需要が高まりつつある昨今、家事代行サービスにはどんなメリットやデメリットがあるのかということは、これからサービスの利用を考えている方にとっては、最も気になることだと考えます。そこで今回は、家事代行サービスのメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

 

 

【具体的なサービス内容】

 家事代行サービスというと、なんとなく掃除や洗濯、料理をしてくれるのかなぁ、と漠然としたイメージはお持ちかもしれませんが、幼児がいる家庭と高齢者のいる家庭とでは自ずと求めるサービスや気をつけるポイントが変わってくるのは当然です。家事代行会社も依頼者が希望する内容に対してオーダーメイド的に対応してくれるところが増えていますので、自分の目的にあった家事代行会社を選ぶことが、メリット創出の大前提となります。

 

 

【家事代行サービスのメリット】

 

 ① 快適な生活環境を維持できる

 家事というものは、実は精神的にも肉体的にも負担の大きいものです。原則、家事代行サービスのスタッフは家事スキルに秀でた人物なので、普段気にはなるもののなかなか手が回らないような箇所まで念入りに掃除をしてくれますし、洗った洗濯物もきちんと畳んで収納してくれることでしょう。快適な生活環境を維持できることで、ストレスは軽減し気持ちに余裕が生まれます。この効果はスポットではなく定期サービスの場合により顕著になります。

 

 ② 自分の時間が豊かになる

 働きながら掃除や洗濯、炊事に育児といったことをこなしていくには、多大な労力を要します。家事代行サービスを利用することで、家事から解放されて時間の余裕も生まれます。その労力や時間を仕事や趣味に費やしたり、家族と一緒に過ごす時間に充てるなどして暮らしを豊かにしていくことができるようになるのです。

 

 ③ 心に余裕が生まれる

 これが最も大きなメリットだと思いますが、上記の2点の結果として心に大きな余裕が生まれます。「あれもしなきゃ、ここも気になる」という何かに追われる状態から抜け出し、「今日は何をしようかな」と自分の時間を前向きに考えられるようになることで、日々の生活の中でイライラすることが少なくなります。

 

 以上のように、家事代行サービスを利用するメリットは、単に労力の軽減といった物理的なことだけでなく、精神面でも影響が大きいということがお解りいただけたと思います。

 

 

【家事代行・家政婦のデメリット】

 

 費用がかかる

 一方、家事代行サービスを利用するデメリットはどんなことがあるでしょう。家事代行サービスのスタッフは、家事のプロフェッショナルです。プロに作業を依頼する以上、やはり費用が嵩むというのがデメリットといえばデメリットとして挙げられるでしょう。家事代行の需要の高まりとともに、料金の低価格化も進んでいるとはいえ、あまりに安価な場合にはスタッフの教育などや万が一のトラブル対応といった点で不安が生じます。あまり単価ばかりにこだわるのではなく、その費用に見合った満足感を得られるか否かで判断することが、デメリット回避のポイントです。家事代行会社のなかには、入会金や年会費が必要なところもありますし、鍵の保管料といった別途料金や曜日・時間帯による割増料金がかかるところもあります。できるだけシンプルでわかりやすい料金体系の家事代行会社を選ぶことも、デメリット回避の重要なポイントとお考えください。

 

 万が一のトラブル・・・

 家事代行サービスの利用中に考えられるトラブルには、うっかりお皿を割ってしまったといった物損事故から、金品等の盗難や個人情報の流出といった刑事事件まで幅広いものが考えられます。自宅に他人が入るという家事代行サービスの性質上、それらのリスクを完全にゼロにすることはできないのは事実です。家事代行会社を選ぶ際には、少なくとも以下の点を確認しておくと不安は大きく軽減されることと思います。

 

・ サービススタッフにプライバシー情報の取り扱いに関する教育を実施している

・ 守秘義務契約書などをきちんと取り交わしてプライバシーの保護に努めている

・ 万が一の事故や物損に備えて損害賠償保険に加入している

 

 自分が信頼できると感じた家事代行サービスを選ぶことが何より重要です。そうすることで家事代行サービスは皆さまに本当の満足をもたらしてくれることでしょう。