川西市ってどんな街?

 1954年(昭和29年)8月、川西町、多田村、東谷村の1町2村が合併し、人口3万3741人の川西市として市制施行しました。大阪都心や神戸を通勤圏とする自然環境に恵まれた住宅都市として発展しました。市域南部では、都市インフラの整備も着実に進み、都市機能や周辺地域の商業機能も高まっています。中部には閑静な住宅街が広がっています。一方、市の北部は山岳の起伏に富み、豊かな自然が残されており、その一部は猪名川渓谷県立自然公園に指定され、一庫ダム周辺に整備された県立一庫公園は多くの人でにぎわっています。

■ 川西市の公共機関

川西市役所 川西市中央町12-1
川西警察署 川西市丸の内町1-1
川西消防署 川西市火打一丁目15-23

■ 川西市の主な文化施設

川西市キセラホール 川西市火打一丁目12-16
川西市立ギャラリーかわにし 川西市栄町20-1
みつなかホール 川西市小花二丁目7-2
歴史民俗資料館 川西市美山台三丁目5-1
文化財資料館 川西市南花屋敷二丁目13-10
総合体育館 川西市火打一丁目1-4
アステ市民プラザ 川西市栄町25-1-601 アステ川西6階

川西市の交通網

 市内では鉄道・道路・バス網が整備されており、市南部の中心地からは大阪都心まで20分圏内にあります。現在、同市の中心となる鉄道駅は、市内を西から南へ走るJR福知山線の川西池田駅、ならびに阪急宝塚線・能勢電鉄の川西能勢口駅です。川西能勢口周辺では、鉄道高架事業や市街地再開発事業が行なわれ、都市機能と周辺地域の商業機能強化が進められました。ふたつの駅はベデストリアンデッキで結ばれていて、徒歩での移動も可能です。市中心部の川西池田・川西能勢口両駅を軸として、阪急宝塚本線は東西に、JR福知山線は南から西へと走ります。なおJR福知山線・北伊丹駅北改札口は川西市、南改札口は伊丹市に属しています。能勢電鉄は川西能勢口から北上し、市内を縦断しています。

■ 川西市の交通機関

沿線名 駅名
JR 福知山線 北伊丹駅
川西池田駅
阪急宝塚本線 川西能勢口駅
雲雀丘花屋敷駅
能勢電鉄妙見線 川西能勢口駅
絹延橋駅
滝山駅
鶯の森駅
鼓滝駅
多田駅
平野駅
一の鳥居駅
畦野駅
山下駅
笹部駅
能勢電鉄日生線 山下駅

川西市の医療機関

 

■ 救急指定病院

市立川西病院 川西市東畦野五丁目21-1
正愛病院 川西市久代二丁目5-34
協立病院 川西市中央町16-5
ベリタス病院 川西市新田一丁目2-23

川西市の教育機関

 市内には私立の小学校、中学校、高等学校は存在せず、全て公立です。高校入試は伊丹市、猪名川町と合同で総合選抜のシステムをとっていましたが、平成21年度に廃止されました。

■ 幼稚園

久代幼稚園 川西北幼稚園 多田幼稚園 清和台幼稚園
東谷幼稚園 鶴之荘幼稚園 親和幼稚園 平野幼稚園
藤ヶ丘幼稚園 緑台幼稚園 新清和台幼稚園

■ 小学校

川西市立久代小学校 川西市立加茂小学校 川西市立川西小学校 川西市立桜が丘小学校
川西市立川西北小学校 川西市立明峰小学校 川西市立多田小学校 川西市立多田東小学校
川西市立緑台小学校 川西市立陽明小学校 川西市立清和台小学校 川西市立清和台南小学校
川西市立けやき坂小学校 川西市立東谷小学校 川西市立牧の台小学校 川西市立北陵小学校

■ 中学校

川西市立川西中学校 川西市立川西南中学校 川西市立明峰中学校 川西市立多田中学校
川西市立緑台中学校 川西市立清和台中学校 川西市立東谷中学校

■ 高校

兵庫県立川西緑台高等学校 兵庫県立川西北陵高等学校 兵庫県立川西明峰高等学校 兵庫県立川西高等学校

■ 大学

大阪青山大学 北摂キャンパス 大阪青山短期大学 北摂キャンパス 東洋食品工業短期大学

川西市の家事サービス(家事代行・家政婦)の利用状況

 川西市の家事サービスは中部地区を中心にご利用いただいている方が多いようです。

「家事サービス(家事代行・家政婦)」の利用実績がある川西市のエリアやマンション(例)

■ エリア

東多田 火打 清和台西 中央町
寺畑 緑台 花屋敷山手町 南花屋敷

■ マンション

ジオ川西多田パークサイト ユニハイムキセラ川西せせらぎ公園
プレシアス清和台中央 レジース川西中央
雲雀丘花屋敷ガーデンハウス 東急ドエルアルス川西緑台