家事代行サービスとは

知らないと損! 家事代行スタッフの「当たり外れ」

 

 

家事代行サービスのスタッフには当たり外れがあるってホント?

 

 家事代行サービスのスタッフに当たり外れはあるのでしょうか? 結論から言うと、スタッフも人間なので個人差はあって当然といえます。その「当たり外れ」の内容はというと、家事スキルはもちろん、依頼者との相性まで様々です。そこで今回はその当たり外れの差を極力少なくする方法について解説していきましょう。

 

 

【雇用型の家事代行サービス会社を選ぼう】

 

 雇用型(自社でスタッフを従業員として雇用)の家事代行会社のスタッフの場合、その会社の採用基準を満たしておりさらに会社による教育・研修を受けているため、誰もが一定レベルに達しているものと考えられます。一方で、マッチング型(マッチングサイトなどに登録している個人事業主)のスタッフの場合は、あくまでスタッフの自己申告にものなので、そのスキルの個人差は大きいといえるでしょう。テクニカルスキルの当たり外れの差を軽減するためには、一定の条件を設けて採用・教育を行っている雇用型の家事代行サービス会社を選ぶのがひとつの方法です。

 

 

【トライアルサービスを有効活用しよう】

 

 一方、ヒューマンスキルの当たり外れの差を軽減するためにはどんな方法があるでしょう?スポットではなく定期サービスを依頼した場合、ほとんどの家事代行会社で、初回のトライアルサービス(呼称は会社によって様々です)を利用できます。まずは、実際に担当してもらうスタッフで一度試しに利用してみてから利用するか否かを決めるという流れです。うまく利用すれば、「安心して任せられる人物かどうか?」「コミュニケーションは良好か?」「相性はどうか?」などを契約前に知ることができるので安心です。是非有効に活用してください。

 

 A様という依頼者から非常に高い評価を得ているスタッフでも、B様にとっては物足りないということが現実にはあり得ます。依頼者とスタッフをうまくマッチングさせるというのは、家事代行会社の腕の見せ所です。まずは、ご自身にとってどんなスタッフが望ましいのかという要望を家事代行会社にしっかりと伝え、相談することが重要といえるでしょう。