家事代行の選び方

どちらを選ぶ?~家事代行・家政婦の2つのタイプ「雇用型」と「マッチング型」

家事代行・家政婦のサービスは、契約の相手方によって「雇用型」「マッチング型」2つのタイプに大別されます。「雇用型」の場合、サービスの利用者は家事代行会社とサービスの契約を取り交わすのに対して、「マッチング型」の場合、利用者はサービスを提供するスタッフ個人と契約を交わすのです。

今回は「雇用型」「マッチング型」それぞれの特徴やメリット・デメリットについてお話していきましょう。

 

【雇用型の家事代行サービス】

「雇用型」の場合、家事代行会社が自社のホームページや求人サイトなどでスタッフを募り、面接や実技試験を行い、その採否を決定します。さらに、採用されたスタッフは接遇マナーや業務上必要な知識を研修などを通して習得したうえで実際のお仕事が割り振られます。

 

【マッチング型の家事代行サービス】

 「マッチング型」の場合、予め登録しているスタッフの中から、利用者がサービスを依頼したいスケジュールや作業内容などから条件にあうスタッフを選定し、サイトのメール機能やアプリを利用して直接遣り取りをして、サービスを依頼します。

 

【雇用型のメリット・デメリット】

 「雇用型」の場合、スタッフは家事代行会社の所定の教育・研修を受けているため、誰もが一定レベルのスキルに達しているものと考えられます。また契約はあくまで家事代行会社との契約なので、スタッフには直接言いづらい改善事項なども会社に申し入れることができることもストレスなくサービスを受けるうえでのメリットと言えるでしょう。また万一サービス中に、スタッフが誤って食器を割ってしまった、うっかり調度品に傷をつけてしまったといった場合、その責は会社側が負います。「雇用型」のメリットは、安心して一定レベルのサービスを受けることができることといえます。

 一方、デメリットは、サービス会社を仲介するため「マッチング型」よりは高額になってしまうことが挙げられます。

 

【マッチング型のメリット・デメリット】

 「マッチング型」の一番のメリットは、サービス会社を仲介しないため「雇用型」より安い料金で利用できることでしょう。しかも個人間の契約なので、交渉によっては「雇用型」よりフレキシブルな対応を望めるかもしれません。

 一方、デメリットは、スタッフのテクニカルスキルやヒューマンスキルの個人差が大きいことが挙げられます。サイトのプロフィールはあくまでも自己申告ですし、評価やレビューに関しての信憑性も決して高いとはいえません。簡単にいえばスタッフの当たり外れの差が激しいということがデメリットなのです。

 

「マッチング型」のサービスの利用に際して注意すべき点を併せてお話しておく必要があります。「マッチング型」の場合、利用者とサービス提供者との個人契約が基本となるため、物品の破損などサービス中の事故に関してはスタッフ個人の責となります。大きなトラブルになってしまう可能性もあるので、「マッチング型」の運営会社が損害賠償保険に加入しているかどうか等、不測の事態の対応について確認しておくことを強くお勧めします。

 

【自分にあったタイプを選ぼう】

 以上のように「雇用型」と「マッチング型」には、それぞれメリット・デメリットがあります。どちらのタイプを選ぶかは、利用者が家事代行・家政婦のサービスに求めるプライオリティによって変わってきます。家事サービスを末永く定期的に利用したいのならば、「雇用型」を、必要なときだけすぐに利用したいのならば「マッチング型」を、品質・安心を重視するのなら「雇用型」を、とにかくコストを抑えたいのなら「マッチング型」をというように、自分が家事代行サービスに求めるものは何か、どんなことを重要視するのかをよく検討したうえで選びましょう。