LOBBY 高級/富裕層向け家事代行・家政婦
サービスならLOBBY(ロビー)

家事代行を申し込む

これがポイント! 家事代行の申し込み ~事前準備編~

 

 

家事代行サービスを申し込むときに必要な準備は?

 

 今回は初めて家事代行サービスを利用するという方のために、家事代行サービスを実際に依頼する際の注意点についてお話していきたいと思います。

 

 

【ハウスクリーニングと家事代行・家政婦の違い】

 

 家事代行サービスはその名称が示すとおり、掃除や洗濯などの日常の家事を代行してもらうサービスとなります。したがって、依頼できるのは自分が普段やっている家事そのものとなります。一方、ハウスクリーニングとは、専用の機材や洗剤を用いて、エアコンやレンジフードの分解洗浄など自分ではなかなかできない作業、あるいは浴室やトイレなどの水回りをプロの手法で徹底的にクリーニングする作業のことをいいます。その作業には専門性が必要となりますし、複数名で対応するケースも多いため、一般的には家事代行サービスより高額になります。

 時間を節約して、常日頃から住まいをきれいに保ちたいのか、年末の大掃除や大切な来客に備えて部屋を徹底的にきれいにしたいのか、自分の目的に沿った依頼をしましょう。また、キッチンの油汚れや浴室の排水口などの汚れがあまりにひどい場合は、まずハウスクリーニングを依頼して一旦きれいにしてから、そのきれいな状態を保つために家事代行サービスを依頼するというのも有効な手段です。是非ご検討ください。

 

 

【意外と大切な事前の準備】

 

 ハウスクリーニングの場合、清掃機材や洗剤は先方で準備して持ち込んでくれるのが一般的ですが、家事代行サービスの場合は、原則として依頼者が普段使っている清掃用具や洗剤を使用します。掃除機はきちんと稼働するか(充電タイプの場合はきちんと充電されているか)、洗剤はきれていないか、雑巾は十分そろっているかなど、必要最低限な清掃用具の準備をしておきましょう。業者によっては、クイックルワイパーがあると便利とか、コロコロを用意してくれれば作業が捗るといったアドバイスもしてくれるので、気軽に問い合わせてみてもよいでしょう。

 また、現金・クレジットカード・貴金属・個人情報が記載された文書といった貴重品は、必ず家事代行サービスのスタッフが触れない場所や目につきにくい場所に保管しておくようにしましょう。お互いが不要なストレスを回避するためにも大切なことです。

 

 

【やってもらいたいことを正しく伝える】

 

 当然のことながら、日常の家事とはいえ、人によって気になる点や特に念入りにしてほしい箇所は異なります。家事代行サービスを依頼する際には、自分の希望をしっかりとまとめて家事代行サービスのスタッフに正しく伝えるのが最も重要です。例えば、家事に特段のこだわりがなく「すべてお任せ」といった場合でも、ホテルライクを希望するのか、整理収納を優先するのかで作業内容も大きく変わってくるかもしれません。家事代行サービスのスタッフに自分希望をしっかり伝えておけば、スタッフの人も優先順位がつけやすく、作業効率も上がります。

  家事代行会社のなかには、「初回お試しサービス」や「トライアルサービス」という名称で、希望するサービスをきちんとヒアリングした上で実際にサービスを行い、契約前にサービス水準や作業内容と時間のバランスなどを確認できる機会を設けているところが多くあります。そういったサービスを活用して、自分の希望を正しく適えてくれるか否かを確認することを強くお奨めします。

 

 以上が、家事代行サービスを申し込む際のポイントです。これらのことをしっかり準備して、心から満足のいくサービスが受けられる会社を見つけてください。