LOBBY 高級/富裕層向け家事代行・家政婦
サービスならLOBBY(ロビー)

家事代行を申し込む

ここがポイント! 家事代行の申し込み ~掃除用具編~

 

 

家事代行サービスに準備しておくとよいもの ~掃除用具編~

 

 家事代行サービスでは、ハウスクリーニングと異なり、一般的にサービスに必要な掃除用具などは依頼者の家庭のものを使用するケースがほとんどです。では、いざ依頼するとなった時にどのような掃除用具を準備しておけばよいのでしょうか? 今回は家事代行サービスを依頼する際に準備しておくものについてお話していきたいと思います。

 

 

【なぜ依頼者宅の掃除用具を使用するのか?】

 

 そもそも家事代行サービスでは、なぜ依頼者宅の掃除用具を利用するのでしょう? もちろんハウスウリーニングの業者と違って、サービスの対象があくまで日常の家事の範囲であるということもあるでしょうが、万が一のトラブルを防ぐという意味合いも大きいのです。例えば、解りやすい例として本革のソファーの拭き掃除をお願いするとしましょう。一口に本革ソファーの拭き掃除とはいっても、中性洗剤を薄めて固く絞った雑巾で拭いてしまうと、汚れはおちても革の柔軟性を損なってしまいます。また化学雑巾で拭いてしまうと、薬剤が革を変色させてしまう恐れがあります。クリームを擦りこむといっても、乳化クリームが適しているのか、ワックスがいいのか、デリケートクリームを使用すべきかは容易に判断がつきません。また洗剤の香り等もお客様の好みを考慮するといった一面もあります。ご家庭の家事をお客様に代わって行うというサービスですので、やはりその家庭のものをそのまま使わせていただくことが一番なのです。

 

 

【準備しておくとよい掃除用具について】

 

 準備が必要な掃除用具に関しては大きく2つに分かれます。1つは、「必ず必要なもの」。もう1つは、「あると便利なもの」です。「必ず必要なもの」の代表例(もちろん家庭によって異なりますが・・・)は、掃除機や雑巾(水拭き用、乾拭き用など複数枚数)、スポンジ(食器用、シンク用、お風呂用など複数個)などでしょう。そこで、ここでは「あると便利なもの」についてお話したいと思います。下記に「あると便利なもの」の参考例を記しておきます。

 

  • カーペットクリーナー(コロコロ)⇒ 部屋がフローリングよりもカーペットのほうが多い場合、クッションを掃除をする場合に重宝します。掃除機掛けの仕上げとしても有効です。
  • フローリングワイパー ⇒ カーペットクリーナーとは逆にフローリングの床が多い場合には、あると便利です。但し、おおまかな仕上がりになるので、汚れのひどい個所は別途念入りに行う必要があります。
  • ハンディモップ ⇒ 棚などの埃とりに有効です。
  • スクイージー(水切りワイパー) ⇒ 窓などの掃除の際に活用できます。
  • トイレ用掃除シート ⇒ トイレブラシだけでなく、トイレ用掃除シートがあれば作業が一層捗ります。
  • メラミンスポンジ ⇒ 水回りの金属部分などに使用すると作業が捗ります。
  • 各種洗剤 ⇒ カビ取り洗剤、排水口用洗剤、漂白剤、重曹、家具用合成洗剤など用途に適した洗剤を準備しておくとよいでしょう。

 

 以上のような「あると便利なもの」は、ただ便利なだけでなく、作業の効率が上がって決められた時間内でもより多くの箇所を掃除してもらえるというメリットがあります。作業場所別に置いておく、一か所にまとめて置いておくなど、作業するスタッフに判りやすくしておくのも時短につながります。家事代行業者との事前の打ち合わせの際などに、準備しておくとよい掃除用具について確認しておきましょう。